料理ブログ

「こゆき」とゴマの裏巻き寿司

投稿日:3月 26日| カテゴリー:おやつ, 健康, 子供調理

ちょっと巻きが甘くなりましたが、裏巻き寿司。

ラップを敷き、海苔の上に「こゆき」と酢飯を混ぜたご飯を平たく載せてから、裏返し、

海苔の上に具を置いて巻いています。具は見えづらいけれど、ちくわ・ほうれんそう・

しば漬けきくらげ」です。 

ご飯が外側に来る裏巻き寿司。作るのも、見た目、口に入れた感じも楽しめます。

「汐ふき昆布ささめ」豆腐ハンバーグ

投稿日:3月 15日| カテゴリー:おかず, お弁当, 健康, 子供調理

味付けは、「汐ふき昆布ささめ」のみ。本当に、薄すぎず濃すぎず、丁度良い味に仕上がります。

お豆腐もたっぷり入っているので、ボリュームもあり、満足感に繋がります。

「普通のハンバーグより、ふわふわ柔らかくて食べやすい。こっちの方が好きかも」

という子供の感想でした。

材料

鶏むねひき肉     500g

卵          1個

木綿豆腐       200g

玉ねぎみじん切り   1/2個分 (レンジで2分程加熱)  

汐ふき昆布ささめ」 10g~

葱小口切り      ひとつかみ

パン粉        30g~

油          適量

(大人っぽく仕上げたい場合、生姜のみじん切りを一かけ)

 

作り方

①ボウルに、鶏むねひき肉を入れて練る。卵を割り入れ混ぜる。

➁水切りした木綿豆腐を加え混ぜる。

③「汐ふき昆布ささめ」、玉ねぎみじん切り、葱を加えて混ぜる。

④パン粉を加え混ぜ、ハンバーグ型に成形。

⑤油を熱したフライパンで、表裏焦げ目をつけ、蓋をして蒸し焼きする。

(必要であれば少し水を足しながら)

「お弁当用のりつくだ煮」卵かけごはん

投稿日:3月 8日| カテゴリー:1人前, ご飯, ひとりごはん, 一人暮らし自炊, 子供調理

今までで一番嬉しいプレゼントを頂きました。生みたての卵。

炊き立てのご飯の上にそっと割り入れたら、黄色に輝く黄身と、とろんと濃厚な白身がのりました。

お弁当用のりつくだに」を添えて、いただきました。

贅沢で優しい味の卵かけごはん、食べたら元気が湧いてきました。

「子持ちきくらげ」とちくわの海苔巻き

投稿日:3月 2日| カテゴリー:おやつ, お弁当, こども, ご飯, パーティ, 一口シリーズ, 子供調理

こちらは、「子持ちきくらげ」・ちくわ・ほうれんそうを巻いています。

一部、たまたま山の様な柄になって嬉しい。

次回は狙って作ってみようかしら。 

海苔巻き、慣れれば以外と簡単に作れます。つくだ煮で味のバリエーションも増えるので、

少しご飯が残ってしまった時などにお薦めです。  

「お弁当用のりつくだ煮」パンダ

投稿日:2月 26日| カテゴリー:お弁当, こども, ご飯, 子供調理, 美術館

あまり得意ではないキャラ弁なので、不格好なのはお許しください。

小分けタイプで便利な「お弁当用のりつくだに」で、パンダのお目目をつけました。

白い胴体の中にも入ってます。

お弁当用のりつくだに」は、国産の養殖のりを100%使用した、甘口ののりつくだ煮。

お弁当は勿論、離乳食、おかゆに入れても美味しいです。

北京オリンピックのパンダのキャラクターを作ってみようと思いましたが断念し、パンダ風

になりました。好き嫌いがある子も、お弁当箱の蓋を開けてこんなのが飛び出てきたら、

全部残さず食べてくれるのかなぁ?(私はキャラ弁作戦はしてこなかったので気になります。)

プロフィール

惣菜管理士
栄養士
野菜ソムリエ
子育て世代です

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー